染料と顔料の違いについて教えて

染料・・・“染める”
繊維に色が染み込んで、蒸すことによって生地と化学的に結合します。
生地特有の風合いをほとんど変えることなく染めることができます。

顔料・・・“塗る”
ペンキやクレヨンのように不透明で生地の表面に付着します。
そのため、生地の風合いが変わってしまいます。表面に付着しているため摩擦に弱い。
また、洗濯を重ねると、色が剥がれたりヒビ割れたりする事があります。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です