デジナでは従来のテキスタイル(生地)プリントと比べて
サービスをシンプルにすることにより、
これまでに無い安価で手軽なプリントシステムを構築いたしました。

よくあるご質問
FAQ

 

特徴

・染料によるダイレクトプリント
→堅牢度が高い
…ジャブジャブ洗えます
→綿にも染められる
…昇華転写プリントはポリエステルにしか染められません
顔料プリントは剥がれます
→発色が良い
…データのカラーモードはRGBで入稿。
印刷物のくすんだ色合いとは違い
パソコンで見た様な雰囲気に仕上がります
※白色インクはありません
白いところは生地の地色で表現します。
・1mからプリントできる1mからプリントでき、わかりやすい価格設定にしています。
・多色刷り
これまでは型・版を作成して一色一色染めていくなどの方法で
染色されていました。
染め方によって味わいやメリットがちがいますので
お好みの方法を探すのも楽しみの一つです。
型から作る場合は
型代が数万円かかるなどのコストが必要ですが
インクジェットプリントは
パソコンで指定のソフトで作成いただければプリントが可能です。
デザイン(1-2色刷りなど)やコストの面、
プリントの数量(数百m以上プリントするなど)によっては
これまでの染色方法などもおすすめです。
極端に言えば
写真のように何万色もの色を表現し1mだけプリントするといった状況に
インクジェットは向いています。

・デメリット
・あるm数を超えるとこれまでのスクリーン捺染・手捺染などで手配するほうが効率が良く
コストも安く済む場合があります。

少しづつ増産をかけていく場合などにはデジタルプリントはお勧めです。

・その都度その都度でプリントするため
同じものを同じ条件でプリントしても
毎回多少の誤差(ロット違い)が発生します。
色の誤差・生地の伸び縮みなど
パッと見ではわからなくても
並べるとなんとなく違う…といった状況です。